So-net無料ブログ作成
検索選択

shadeへ図面をインポートと座標の関係

■前回は下絵の平面図をインポートしましたので今回は展開図をインポートしました。
 その前にShadeと座標と2D CADの座標との概念が少し違っているのでここで理解しおく必要があります。
 左側が2D CADの座標概念で右がShadeの座標概念です。
 ShadeにはZ軸の座標が加わっているのがわかります。しかも奥から手前に向かってがプラスなのです。


 では展開図(Shadeでは正面図と呼ばれています)をインポートする時の座標概念はどうなるのでしょうか?


 2D CAD図では展開図も上から見ればX軸とY軸のみの図柄です。
 これをShadeにインポートするにはZ軸をY軸に変換しなくてはなりません。
 又変換することで上下が逆さまになってしまうので反転もしなくてはなりません。
 そこで、図面をインポートする時に出てくる「座標変換」画面で軸の変換と反転をします。



 1.まずZ軸をY軸を変換するので「変換」の項目の「Y-Z」をクリックします。
 2.次に「反転」で「Z」をクリックします。




 (注意)上記の画像ではY軸とZ軸が入れ替わって、Z軸が反転し下へ向かった形になっていますが、
Shadeの画面で実際にY軸とZ軸が変わる事はありません。


実際に前回の平面をインポートしたデータに展開図をインポートしてみたのがこれです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © Shade.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。